FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析
 
最新記事(過去1週間)
カテゴリ
最新コメント
パンヤステ(停止)



パンヤIDみの29
ランクプロA
キャディ役に立つてぃきー
パンヤ率58.7%
クラブくーるみんと
パンヤ関連(停止)
無料で楽しめるオンラインゲーム すかっとゴルフ パンヤ
パンヤの人気ブログが見つかる パンヤ・ブログ

パンヤの壁紙会場
かべがみ~
最新トラックバック
月別アーカイブ
バナー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
パンヤ・ブログ他のパンヤ情報はこちら
オンラインゲームズ★ランキングランキング参加中

[雑記]たいばつ 


最近、体罰を受けていた子が自殺するという事件がありましたね

そのせいか、まあ、以前からたびたび言われていましたが、
体罰の是非についてよく論議されているように思えます。


今回は、体罰とかその関連について書いてみようと思います。

ただ、体罰の是非とか、そういうミクロな話ではなく、
体罰をしなくてはいけないほどの「必死にならなければいけないこと」って
観点で考えてみます。


とりま、自分の体罰に関する経験ですが、私の小中時代には
体罰が割と一般的だった気がします。

それについて、よくテレビとかのインタビューで出てくる人みたいに
「先生に愛があった」とか「(体罰)のおかげで今の自分がある」と
思ったことは一度もありませんね(まじ)

あるいは、たまたま、みのに体罰を科した先生が全て、人間的に
残念な感じだっただけかも知れませんが……


みのが体罰を受けた経緯を、記憶を頼りに思い出すと、
大抵は、先生がキャパオーバーの時に、感情の赴くままに
暴力を振っていたと言う感じがします。
今でもそうですが、割と上の言うことを聞かない生意気な生徒で
中途半端に賢かったし、子供が好きってだけで先生になってしまった
残念な大人よりは、よほど広い分野の本を沢山読んでいたので、
知識も豊富だったと思います。

そんな生意気な生徒が、先生の発言に対し、理詰めで反論するわけです。
最初は大人の対応をしていた先生も、最後は手を出すとw
そのうち、口応え=>「うるせえ、口応えするな!」みたいに
いきなりビンタ、みたいな構図になっていました。

傾向的には30~40代の先生に手を出す人が多かった気がします。
50過ぎの先生は、多少生意気なことを言っても、にこにこしながら
「そう言う考えもあるなぁ~」みたいな感じで流してましたし。

今考えれば、小学生の頃の私は、かなり大人げなかったので、
その頃の先生に申し訳ないとは思いますが、
先生の厳しい(体罰)指導のおかげで今があるとか、
愛情を感じたとか、そう言うことは全くありませんでしたね。

あと、同じことを言っても叩かれる生徒と叩かれない生徒がいたり、
あからさまな不良には手を出さなかったり、
明らかな差別(区別と言うべきかも知れません)があったことは事実で、
子供心に、大人って最低だなと思っていたことは、今でも覚えています。

体罰によって、私が学んだことは、それを科す相手を
「下等動物」と位置づけ、蔑むことでしょうか


私が、それなりに相手に敬意を払う事を覚える等、人間として
多少ましになったのは、むしろ、体罰もなく、辛抱強く言葉で指導してもらった
高校生時代からですね……

うちの親も殴って教育するのが正しいと信じていた部類ですから、
よく殴られましたが、殴られて覚えたことは、どうやってパワーを受け流すか
って事ぐらいで、殴られたときに指導されたことなど、何一つ覚えていませんw


まあ、これは、個人差やそれぞれの環境について色々あるでしょうが、
私は、教育における暴力は何も解決しないし、何の指導にもなっていないと言うことが
一つのサンプルとして言えると思います。


前置きが長くなりましたが、いつものごとく、私が現実離れした
理想論者ではないと言うことを示すために、ここまでは、敢えてカミングアウトをw


さて、ここから本題ですw

体罰の有効性を論理的に考えてみます。

体罰で最も効果が期待できるのは、相手に痛みを与えることです

そこ、あたりまえやん(まじ)とか言わないようにw

この痛み、ってのが実は有効で、人間は、痛みを感じると
本能的に生命の危機を感じます

つまり、思考回路の中で、理屈抜きに赤信号が灯るわけです。


どういう事かというと、きわめて即効的に、生命の危機を疑似体験させられる、
簡単に言えば、相手に、
それを続けることが危険だと、ゼロ秒で知らせることが出来る
わけです。

工事現場や、軍隊などで、新人を殴りつけ
ばかやろう! 死にてぇのか!!(いかり)」
っていうあれですw

「あー、そこは重機が行き来しているので、顔を出すと、重機に挟まれますよ」
なんて順を追って説明している間に、新人さんには10個ぐらい
死亡フラグ立ちますからねw


体罰の有効性、論理的に考えると、これだけです(ん)


あれ?(まじ)

と思う方もいるでしょうねw


そう、上記の例は比較的特殊環境であり、学校のような通常環境では
あまりあり得ません。
じゃあ、体罰をする先生は、自分の欲望を満たすためにやってる!?!?(ぎょ)
なんてことはないと思います。
ええ、自分に体罰を科した先生は今でも下等動物と思っていますが、
そんな短絡的なことは考えたこともありませんw


では、
体罰で期待されること
について考えてみます。


体罰で期待される事は、それをされることが嫌だと思うことです。

あれ、また当たり前のことを言ってる(あせ)

誰だって叩かれるのは嫌ですよね。
叩かれないようにしようと思いますよね。
あと、普通にしていれば叩かれることはないですよね。

口でああだこうだ説明するよりも、
叩く=>それは駄目だとゼロ秒で伝える
とても便利な手段と思われます(ん)


んー、使い方としては、
「よーし、そこに一列に並べ~」
「歯を食いしばれ~」
みたいな感じですねw


もう一つあります。

体罰で期待されることその2は、それをする対象を恐れることです。
(みのは恐れなかったため、死ぬほど殴られましたねw)

これは、体罰の有効性にある、生命の危機と本能が感じる事に
通じますが、自分の身体に危害を与える対象に対し、
本能的に恐怖を感じるってことです。


残念な組織は、この恐怖によって支配する方が楽なので、
日常的に暴力をふるい、支配をしていると思われます。

こちらも、恐怖を与えることにより、その対象の言うことは
嫌々でも速やかに従うことが出来るので、短時間で意見を通す事が出来る
と言うメリットがあります。


いずれにしても、組織の運営を効率よく行う手段であり、
特定の個人を指導する(特定と言っているのは、差別と言うことではない)
手段として用いるのは、その性能から考えても、有効性は少ないと思われます


特定の個人を対象に行う体罰で期待される効果は、殴られる(叩かれる)事により
本人の尊厳と肉体と両方同時に傷つくという状態が実現出来るということで、
つまり、人格否定、この文明社会において、組織から排除されることを
恐れる人間にに対する処方として、それは、指導者にとって、とても便利なのです。

現在社会問題になっているのは、種類的には、
この特定の個人を対象に行われる体罰です


さて、体罰の是非については、みのとしても意見がありますが、
ここでは割愛します。


では、体罰を行ってまでやらなくてはいけない事って、何だろう?
って事です。
上で述べましたように、いずれにしても

・それをすることが重要である
・それをするためにあまり時間がない
・それをするのに善悪を議論する余地がない

って言うことに該当する事柄でしょう。

ここまで来て、勘の鋭い人は気付くかも知れません。

これって、体罰に限った事じゃないよね?

って事です。

ある程度の権力構造が成り立っている組織において、
何かを成し遂げなくてはいけないと言う場合、
その権力を持って、生命の危機を相手に実感させることは
暴力でなくても出来ます。

ここで言いたいのは、体罰なんかしなくても~と言うことではなく、
むしろ、体罰じゃないから大丈夫、と言うことではないよって事です。

先ほど言いましたように、大多数の人間は、ある程度の集団に属する
ことによってアイデンティティを保っていますので、
その集団から排除されると言うことに対し、本能的に恐怖感を持っています。

はい、例えば、会社で言えば、人事権をちらつかせることですよね。


このように、精神的や肉体的に相手を追い詰める手段はいくらでも
ある
わけで、体罰だけをクローズアップして議論するの
は、例によって、本質を闇に葬るものであり、いかがかと言うことで、
体罰の是非というポイント議論はしない、と言ったわけです。


ここで問題とすべきは、

人格否定される(恐れがある)ほど重要な事柄なのか

って事です。

(Case1)
会社で、世界初の新製品を立ち上げる、
毎日徹夜で仕事
中には弱音を吐く人もいる
反対意見を言う人もいる

でも、今やらないと、他社がやった後では何の意味もなくなる

はい、命賭けてフラグ立ちました(わら)

上司に逆らうものは排除され、
日夜怒号が飛び、成果の出ない担当者は追い詰められる

結果、世界初で新製品が発表され、世間の注目を浴びる
あのメーカーすげーみたいなw

ちなみに、そんな組織に居たこともあります(ん)

でもって、2番煎じの会社が、良いとこ持って行って
安い値段で売っちゃったりされましたがw


(Case2)
部活動で戦っていて、うまくいけば今年こそは優勝
学生にとって、この1年はやり直しのきかない1年
中には練習をサボる奴が居る
リーダーの言うことを聞かない奴も居る

でも、ここでチームを強くしないと、優勝しなければ何の価値もない

はい、命賭けてフラグ立ちました(わら)

優勝するために邪魔となる部員は主力メンバーから外し、
鍛えれば使えそうな部員には厳しい指導をし、

結果、全国大会で優勝し、世間の注目を浴びる


Case1,2について、共通して言えることは、
指導者の視野がかなり狭くなっていると言うことでしょうか

もちろん、そういう組織にも居ましたから、2番手では
何の価値もないほどの感覚もありましたし、世界1の重要性は
理解しているつもりです。

言いたいのは、人の尊厳を否定してまでのものか、って事です。


成功体験は確かに、何事にも変えられない貴重な体験です。
それによって得られる成果はとても大きいです。

ですが、それによって全てを犠牲にしてまで、ってものは
そんなに多くないと思われます。


アスリートや芸術家なら、個人個人の高い目標を目指す
わけですから、全てを犠牲にして、ってのもありと思います。
また、全て自己責任です。


組織になると別です。
人それぞれ目的や、大事にすることが異なります。
ただ、会社では、もしかしたら、下手打って会社が潰れるは
直接的な生命の危機にもなりますから、ある程度の無理は必要でしょう。

ですが、それが出来なかったから会社が潰れる、と言うことを
毎回繰り返しているのであれば、それは、会社そのものの
方針を見直すべきですし、いずれにせよ、長続きしません。

1番になること以外に、利用できる資産が本当に残らないのであれば、
仕事の仕方を見直すべきですし、その弱体化した資産を何とか
すべきでしょうね。
リスクヘッジが全くないと言うことですから。


教育機関に至っては、これまたややこしいです。

もちろん、学問を修めることは、平均的な将来の生活が
担保される可能性が高いですから、必要でしょう。
部活動に至っては、やはり、「○○大会でベスト8」とか言えた方が
本人にとっても、将来何かと得でしょう。

ですから、組織が一つにまとまろうとしているのに、
1人だけ真逆のことをやって、それを乱そうとしている場合などは、
ある程度はやむを得ないと言うこともあるかも知れません。


ただ、学生の場合は、それほど自由に組織を選べず、
また、自立してないので、どうしても家庭のウェイトが
大きくなってしまいます。

また、特定のことだけに人生を捧げるには、
あまりに早すぎるという気もします。
思春期なんて、毎週やりたいことが変わってもおかしくないですw

そのようなことを全て押し殺してまで、
1番を目指すべきなのか。

もちろん、1番を目指すべきなのですが、
これまた、先ほどと一緒で、1番を取ることしか
本当に意味がないのであれば、その教育を
見直すべきかなと思います。

2番でも良いじゃない、という事ではなく、1番を取れないと、
何の意味もないんだ、と言う短絡的な思考をやめた方が
良いと言うことです。
もっと言えば、1番を目指して活動する過程に、大半は意味があり、
さらに1番を取れば、成功体験までついてくる、と言うような
指導をすべきだろうな、と。


特に、当事者は、その短絡的なループに陥り易いです。

真剣にやっている人ほどそうなる可能性が高いのですが、
それを、一歩下がったところから俯瞰している指導者が、
その当事者の意思を尊重しつつ、狭まった視野を広げてあげる
必要があるのでしょうね。

1番を目指す意気込みは重要ですが。
1番取れなかったときに、何も残らない。
そんなことでは、限られた人生、あまりに残念です。

それを上手く導き、成功非成功にかかわらず、
得難い経験と、将来の肥やしになるというような導を期待されている
指導者が、そんな視野の狭いことでどうするw って事です(にこ)


少なくとも、全ての事において、個人の人格や存在を否定してまで
得ないと意味が無いと言うような事は無い
のではないかと思います。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
パンヤ・ブログ他のパンヤ情報はこちら
オンラインゲームズ★ランキングランキング参加中
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://mino29.blog68.fc2.com/tb.php/918-6e6d5253
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索

(よく検索されるやつ)
LSPP稼ぎ
PTのやり方
プロフィール

Author:みの29

パンヤ終わっちゃいましたね。ソシャゲはほかにやってないとです。
1000のアクセスより1のコメの方に価値を感じていますm(_ _"m)

他の活動は、半年に1回ぐらい、ピアプロにリンの曲をアップしているぐらいですかね。


ページ内でお気づきの点やご質問、ご要望がございましたら、
mi_no_29♪yahoo.co.jp
まで。。(♪=あっとまーくですよ)


昔書いた小説をアップ中ですw
FC2カウンター
アクセスランキング
オンラインゲーム
4150位
スカッとゴルフ パンヤ
7位
twitter(テスト運用)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。